文化の違い”レディーファースト/エスコート”①

こんばんは、SPAWhiteキャストの翼です。

僕は以前、滞在期間で数えると合計で10年程カナダという国で生活をしていました。渡航してすぐの頃は文化や言語の違いに戸惑い、俗に言うカルチャーショックですね、適応するまで少し時間がかかりました。

中には適応出来ずに日本に帰ってしまう友人も居ましたが、僕は滞在して時が経つに連れて文化に適応、吸収をしていく事が出来ました。

まずはその中でも特に積極的に自分の中に取り入れて行きたいなと思って意識的に取り入れたレディーファースト/エスコートの習慣をその時感じた事も併せてブログにして書いていこうと思います。

今回はレディーファースト/エスコートのトピック第一弾として建物、部屋、などに入る時にドアを開けて女性を先に通すから

これは1番最初に取り入れた習慣だったように思います。【ドアを開けて男性がドアを押さえて”After you(お先にどうぞ)”】特に”女性を優先的にでしたが、男性でも友人でも対象の人は自分以外の大勢で、凄く素敵に僕の目には映って、これはすぐにでも取り入れたいな、と思いました。

慣れないうちはやはりなんか恥ずかしいな、などと思う事もありましたが、むしろやっていない人の方が少なかったので(やってない人いたかな?レベルでした)この習慣に関しては取り入れるのにあまり時間はかからなかったですね。

みんな”ありがとう”と笑顔で通ってくれて、嬉しい気持ちにもなるので、やらない方がなんか違和感があるというレベルにまでになっていました。

日本でやるとあまり慣れている方がいないので戸惑われる人が多いのですが(汗)もしそんな僕を見かける機会があったら笑顔で通ってくると嬉しいです!

では、今回はこの辺で…..Have a nice day!!

SPAWhiteキャスト翼
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる