エッチな行為がなくても性を解放できる? / 女性にとっての女性用風俗のありかた

目次

とあるご質問から紐解くSPAWhiteの目指す【性の解放】

こんにちは、SPAWhiteオーナーのあす香です。

粘膜同士の接触が無くても一定数「性の解放が出来た」と捉えていただける理由久しぶりにキャストの紹介ブログを書こうかな?と思っていたところよくお伺い頂ける質問が「質問箱」に投稿されていたので先にお答えしようかと思います。

キスもクンニもなくて、性を解放することはできるのでしょうか?
女風って何?と思ってしまうというか、どう楽しんだらいいのか、何を魅力にみなさまは楽しまれているのかイメージしにくいので教えて欲しいですm(*- -)m

ご質問ありがとうございます。当店は”「粘膜同士の接触が無い」がある”お店です。具体的に言うと、口を使わない・男性はパンツを脱げないお店です。

【粘膜同士の接触が無いのに=性感?=ハグのお店?添い寝やさん?】と思われる方も多く、実際「お話や添い寝」だけを楽しみにご利用されている方も多くいらっしゃいますし、粘膜同士の接触はないけど性の解放を楽しまれている方もいます。

◉性の解放のメカニズム

ご質問者様から性の解放というワードをいただきましたので、そのまま使わせていただきました。快感を受託したり性の解放が起こるためには何が必要なのか…。答えは「あなたの脳」です。

今日はとても寒いですが、例えば皮膚という感覚器官を通して寒いを最終的に検知するのはあなたの脳になります。

例えばSPAWhiteは20代30代40代50代60代70代の女性が施術空間を楽しまれるのですが、年齢の変化でホルモンバランスが変わり体温調整が難しくなったりバランスが崩れることがあります。それを検知しているのも脳です。と同じように

「部位を刺激したからといって必ずしも性反応が起きるわけではなく」

「脳が心地よいと感じるから性反応(性の解放)が起こる方もいます。」

◉粘膜同士の接触の奥深くにある欲求

「100回キスしたら100回同じ様な感覚になるでしょうか?」答えはNOだと思います。よく「キスしたらスイッチが入る」と仰る女性がいらっしゃいますが、何故、キスは性反応は起きやすいのでしょうか。

答えは人それぞれ異なると思いますが、理由の1つに私は「キスを通して、相手に普段誰とも接触しない部分(粘膜)が触れ、深く受け入れてもらえた=快感 と感じる」があると思います。少し理屈っぽい考え方かもしれませんが。

【深く受け入れてもらえる体験=快感】であれば、リスクのある粘膜同士の接触がなくても、皮膚を通して会話を通して【快感】をお届けできるのではないか?というのがSPAWhiteの楽しみ方の1つかもしれません。

人が10人いたら10色通りの性の楽しみ方があります。「粘膜同士の接触が無いがある」のキーワードが気になった方にとっては、ぴったりのお店かもしれません。

◉SPAWhiteの研究

“粘膜同士の接触がない”があるSPAWhiteでは、女性の安心安全を常に研究しています。例えば「粘膜同士の接触があり性病にかかったらどうしよう。」「男性がパンツを脱いで襲ってきたらどうしよう。」「妊娠したらどうしよう。」その様な不安がある状態だと心から身を他人に預けられなかったり、快感に必要な信号が脳に伝達する過程を阻害してしまい心地よくなれないこともあります。

なるべく阻害されない。終わった後に「暖かい気持ちだけが残る空間」をお届けしたい気持ちがあり今の形態をとっています。

◉SPAWhiteの楽しみかた

ぜひ、ご自身の中で今一度女性向け風俗を通して何を得たいのか考えてみてください。

それを考えた時、SPAWhiteの中で叶えてくれそうなキャストさんがいないか「口コミ」をみながらゆっくりココアでも飲んで今晩も暖かく過ごして頂けますとありがたいです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる