夫のちんぽが入らないを読んで

 

こだまさん のエッセイ 夫のちんぽが入らないを 読んだ。

ゴトウユキコさんという方も漫画化してるみたい?

 

 

これを本屋の店頭で見つけた瞬間

 

秒速で「あ、女性向け風俗に何かリンクする」と直感が働いた。

 

「両性具有」の方の話なのか

 

「入れたくない」じゃなくて「入らない」というワードに

「心因性の何か原因があって 「入らない」」のかなと 思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、365日 性にまみれた生活をしている。

 

女性向け風俗という 名前だけ聞くと エロそうなお店を経営しているから だからこそ「性に関する話」は 直感が働くし 直感通りだった。

 

この「夫のOOOが入らない」という本は

 

エロの話ではなく

「生きる上での重大な悩みが打ち明けられている本」だと

手に取った瞬間から 読んだ後も 認識は変わらず。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、世間の目は今のところ

「生きる上での重大な悩みが打ち明けられている本」だというベクトルで見る人は少ないであろう。

 

「なんの本読んでるの?」って聞かれたから

陣痛で苦しむ親友に表紙を見せたら

 

「また下ネタかよ」と言わんばかりの苦笑いをしていた。

 

これが現実だ。

 

(陣痛中に 見せられた親友も たまったもんじゃなかったと思うがw)

 

 

 

 

 

現実も嫌いではない。

 

嫌いではないけど、

きっとこの社会もたらす「エロ」という風潮にのまれ

苦しんでいる人がいることは知っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから少しネタバレがはいるので

これから楽しみにしている人は、クローズして本を買おう。

キンドルでも売っているらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ずっとまともに セックスを出来なかったのに、

学級が崩壊したことでセックスに依存するようになるなんて

どうかしていた・・(中略)

誰でもいいので「君は全然大丈夫」と言ってもらいたかった。」

 

 

 

 

 

「ちんぽが入らない人と交際して20年が経つ。

もうセックスをしなくていい。

ちんぽが入るか入らないか、こだわらなくていい。

子供を産もうとしなくていい。

 

自分の好きなように生きていい。

 

私たちの夫婦の形がある。

 

少しずつだけれど、まだ迷うこともあるけれど、

長いあいだ囚われていた考えから解放されるようになった」

 

(講談社文庫 こだま様 夫のちんぽが入らないより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下完全に主観だが

 

性について語れる場が増えていたら

きっと この本は生まれなかっただろう。

 

セックス=生殖器どうしてするものだけではない

この認識が世の中にあれば

きっと、この本は生まれなかっただろう。

 

 

 

 

そんなことを思いつつ

 

性を通して

 

我々が社会に出来ることは何なのか

 

今も 明日も 明後日も きっと模索し続けます。

 

 

 

 

 

 

SPAWhiteではご利用された皆様の人生観や性経験

Whiteをご利用頂き何を感じたか お聞かせいただける方を募集しております。

 

きっと、お客様のアウトプットが

この作者 こだまさんのアウトプットのように

 

情報の少ない現代の女性の心のお薬になったり・気づきになったり

 

 

 

 

男性も、パートナーシップやご自身を見直すきっかけになるのではないか。と思う・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も皆様にとってすてきな1日でありますように。

 

 

 

リツイート希望
大阪の皆様へイベントのお知らせです
📢
10月13日(土)18時より第1回スパホワイト大阪オフ会があります

今回はホームパーティー形式です!アットホームかつ建物の最上階のため屋上バルコニー🌉
なお 崇裕 よしき が大阪に上陸!!
詳細は↓

https://ameblo.jp/spawhite/entry-12404786441.html

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP